eスポーツとは?魅力や特徴、歴史に迫ります!

近年はテレビやネットニュースなどでも「eスポーツ」というワードが頻繁に取り上げられており注目は増すばかりですが、意外と周知されていないのも事実です。日本国内および世界各国におけるeスポーツの市場規模は年々右肩上がりの成長を続けており、今後も大きな市場拡大が予測されています。

eスポーツをする子供

近年はテレビやネットニュースなどでも「eスポーツ(イースポーツ)」というワードが頻繁に取り上げられており注目は増すばかりですが、意外と周知されていないのも事実です。

日本国内および世界各国におけるeスポーツの市場規模は年々右肩上がりの成長を続けており、今後も大きな市場拡大が予測されています。

そこで今回は、eスポーツの魅力や特徴、歴史に迫ります。

eスポーツとは?

eスポーツとは、コンピューターゲームやビデオゲームをスポーツ競技として捉える際の名称であり、「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略称です。「eSports」や「e-Sports」、「電子競技」と表記される場合もあります。

eスポーツでは、コンピューターゲームを用いて複数人で対戦するゲームを「スポーツ競技」として捉えるため、プロゲーマーたちは「スポーツ選手」扱いとなります。

「プロゲーマーがスポーツ選手なんて」「ゲームはスポーツではない」などと思ってしまう方もいるかと思いますが、その考えは『時代遅れ』と言われてしまいます。

アメリカ合衆国ではeスポーツをスポーツ競技として認めており、プロゲーマーたちもスポーツ選手として認められています。また、日本のお隣の国である韓国や中国においてもeスポーツは発展しており、日本とは桁違いの市場規模を誇っています。

eスポーツの歴史

eスポーツはいつから誕生し、どのように日本に浸透していったのでしょうか。ここでは、eスポーツの主な出来事を年表別にご紹介していきます。

  • 1980年頃:コンピューターゲームが誕生し、数多くの大会が開催されます。
  • 1990年頃:欧米でPGL、CPL等プレイヤーのプロ化が始まります。さらに、インターネットの普及により、世界各国でゲームのスポーツ化が加速します。
  • 2000年:「eスポーツ」という単語が使われ始め、「WCGC(World Cyber Games Challenge)」が開催されます。
  • 2006年:OCA主催第2回アジア室内競技大会で、eスポーツが正式種目として採用が決定します。
  • 2007年:日本eスポーツ教会設立準備委員会が発足します。
  • 2011年:第1回「eスポーツJAPAN CAP」が開催されます。
  • 2013年:JCG(Japan Competitive Gaming)が設立されます。
  • 2015年:一般社団法人日本eスポーツ協会(JeSPA)および一般社団法人e-sports促進機構が設立されます。
  • 2016年:一般社団法人日本プロeスポーツ連盟(2017年に「一般社団法人日本eスポーツ連盟」に名称変更)が設立されます。
  • 2018年:一般社団法人日本eスポーツ連合が設立されます。

このように、2000年頃から「eスポーツ」という名称が使われ始め、2006年頃から日本国内にeスポーツが浸透していっています。

eスポーツの競技人口

eスポーツの競技人口は、日本国内では360万人程度、世界では1億人以上のと言われています。代表的なスポーツである野球やサッカーの日本国内の競技人口はそれぞれ750万人程度と言われているため、まだeスポーツの競技人口は半分程度にしか達していません。

やはり世界各国と比較しても日本のeスポーツ人口は少なく、発展途上感が否めません。

eスポーツの市場規模

2020年の日本eスポーツ市場規模は約66億円です。前年と比較すると109%の増加となっており、今後の平均成長率は約29%と予測されています。

また、2020年の世界のeスポーツの市場規模は約9.7億ドル(約1000億円)。さらに、世界の市場規模も拡大を続けることが予想されており、2023年頃には「16億ドル程度(約1750億円)」に達するのではないかと言われています。

まとめ

海外ではeスポーツはアスリート選手との地位を確立し、アウディ、BMW、コカ・コーラ、日産など名だたる有名企業が大会やチームスポンサー契約を続々と結んでいます。

また、海外で運営されるスポーツベッティングサイトではeスポーツも賭けの対象となるなど、世界的に見てもeスポーツは注目度の高さがうかがえます。

しかし、日本国内ではeスポーツがまだ広く浸透しておらず「eスポーツ後進国」と言われています。市場規模こそ右肩上がりの成長を続けていますが、全国民に「eスポーツ」が浸透するのはまだ先の未来になりそうです。

Related articles

「STAGE:0」とは?高校生eスポーツの祭典を解説

ゲームタイトルの上手さを競う「eスポーツ」、近年では現役高校生向けの大会も開催されています。中でも最も有名なのが、eスポーツの甲子園とも称される「STAGE:0(ステージゼロ)」という大会で、2021年夏に第3回大会が開催される予定です。

翻訳する