APEX-LEGENDS-がesports初心者にもおすすめの理由を説明します!

この記事ではe-sports初心者にAPEX -LEDGENDS- をオススメする理由を解説しています。実際に大会に参加してみたい人や、勝利を目指そうと思っている方もぜひ読んでみてください。

e-sportsについては年々人気が高まっており、高額な賞金も用意されています。

実際に大会に参加してみたい人や、勝利を目指そうと思っている方も多いことでしょう。

とはいえ、

  • どんなゲームを選べばいいか分からない
  • どういった方法で練習をすればいいか迷う

という疑問をもっている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、APEXを練習した私がゲームについての説明とe-sportsとしてオススメする理由を解説していきたいと思います。

この記事を見ることで、e-sportsの大会に出るためにAPEXを練習する意味がはっきりとすることでしょう。

3分程度で読むことができると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

APEX-LEGENDS-とは

APEX(エーペックスレジェンズ)はFPSのバトルロイヤルゲーム。

雰囲気は機械的で、近未来をモチーフにしたような作りです。

最初に、プレイヤーはドロップシップと呼ばれる船から島に向かって飛び降りていきます。

飛び降りた時は武器や防具などを持っていませんが、島に落ちているものを拾い集める必要があるのです。

必死に集めなければいけないので、かなりドキドキするでしょう。島に最後まで生き残ったチームが勝利となります。(戦っても逃げ回ってもOK)

APEXでは島の中に「ホットゾーン・ハイティアアイテムゾーン・ミッドティアアイテムゾーン」というエリアが存在しています。

  • ホットゾーン:アタッチメントがすべて装備されている武器が手に入る。人気のエリアのため激戦区になりやすい。
  • ハイティアアイテムゾーン:強めの武器が手に入るエリア。試合ごとに場所が変わることがないので、同じ動き方ができるため戦いやすい。
  • ミッドティアアイテムゾーン:人気のないエリア。敵が少ないため、生き残りたい人や初心者におすすめ。

 

生き残るためには強い武器を持っていることが大切ですが、良い武器が手に入るところは人気のため結果的に敵も多くなってしまいます。

反対に敵が少ないところには、強い武器もあまりないでしょう。この辺りの駆け引きもAPEXをプレイする醍醐味といえます。

 

Esports初心者がAPEXを選ぶメリット

APEXはEsportsの初心者に良いゲームだと考えられます。

理由としては、以下の3つが挙げられます。

  • キャラクターごとの特性がある
  • チーム戦で教え合ったり、助け合ったりすることができる
  • エイムがしやすい

順番に見ていきましょう。

キャラクターごとの特性がある

APEXには数多くのキャラクターがおり、プレイヤーはキャラを自由に選択することができます。

またそれだけでなく、キャラクターごとに特性があるため自分に合ったキャラ選びをすることが可能です。

たとえば初心者であれば、敵からのダメージを数多く受けてしまいがちですよね。

そんな時は「ライフライン」というキャラクターを選ぶと良いかもしれません。

ライフラインはヒールドローンという道具を使って体力を回復させることができます。

筆者も実際にプレイしましたが、ヒールドローンを活用することでダウンしにくくなるのでかなり良いでしょう。

また、上級者になってくると「レイス」というキャラを好んで使う人もいます。

レイスは移動を速くできるスキルを持っているため、操作に慣れた人が使いやすい傾向があります。

他にもキャラクターはたくさんいるので、自分に合ったものを自由に選ぶことができます。

 

チーム戦で教えあったり、助け合ったりすることができる

1人でゲームを練習すると、操作方法が分からなかったりすぐに敵に倒されてしまうことがあると思います。

しかしAPEXは、ボイスチャットをつけてチーム戦で行えるため初心者でもプレイしやすいのが特徴です。

動き方や拾った方がいい武器などについて、チームメイトに教えてもらうことができます。

また、回復道具や武器を分け合うこともできます。

すぐに倒されてしまっても、仲間から助けてもらうことだってできるのです。

上手な人とプレイすれば初心者でもすぐに活躍できるので、高いモチベーションを維持することができるでしょう。

 

エイムがしやすい

APEXはFPSなので、画面上に相手が大きく映ります。ですので、初心者でも比較的エイムがしやすいと感じるでしょう。

エイムは慣れるまでにとても時間がかかるものです。

プロゲーマーの方でも、対戦前はボット打ち(コンピューターの敵を撃って、エイム合わせの練習をする)方も多くいらっしゃいます。

TPSだと相手が細かく、なかなか攻撃が当たらないので難しく感じるかもしれません。

Dui id ornare arcu odio. Vivamus arcu felis bibendum ut tristique. Vitae turpis massa sed elementum tempus egestas sed. Donec ac odio tempor orci dapibus ultrices. Eu volutpat odio facilisis mauris sit amet massa vitae. Quis hendrerit dolor magna eget est lorem. Lectus arcu bibendum at varius vel. Elit ut aliquam purus sit amet luctus venenatis. Hac habitasse platea dictumst vestibulum rhoncus. Urna porttitor rhoncus dolor purus non. Consectetur adipiscing elit pellentesque habitant morbi tristique. Elementum integer enim neque volutpat ac tincidunt.

Tincidunt augue interdum velit euismod in pellentesque massa placerat duis. Ante metus dictum at tempor commodo. Bibendum arcu vitae elementum curabitur vitae nunc sed. Blandit aliquam etiam erat velit. Gravida dictum fusce ut placerat orci nulla pellentesque. Placerat duis ultricies lacus sed turpis tincidunt id aliquet risus. Viverra mauris in aliquam sem fringilla ut morbi. Nulla aliquet enim tortor at auctor urna nunc id cursus. Rutrum quisque non tellus orci ac auctor. Diam volutpat commodo sed egestas egestas fringilla phasellus. Adipiscing at in tellus integer. Neque aliquam vestibulum morbi blandit cursus risus. Mattis enim ut tellus elementum sagittis vitae et leo. Ornare arcu odio ut sem nulla. Felis imperdiet proin fermentum leo. Volutpat lacus laoreet non curabitur gravida arcu ac tortor dignissim. Penatibus et magnis dis parturient. Sit amet cursus sit amet dictum sit amet justo donec. Dolor sit amet consectetur adipiscing.

Accumsan lacus vel facilisis volutpat est velit egestas dui id. Metus vulputate eu scelerisque felis imperdiet proin. Imperdiet sed euismod nisi porta lorem mollis aliquam. Aliquet enim tortor at auctor urna. Adipiscing elit duis tristique sollicitudin nibh sit. Molestie nunc non blandit massa enim nec dui nunc. Massa eget egestas purus viverra accumsan in nisl. Cursus metus aliquam eleifend mi in nulla posuere sollicitudin. Scelerisque eu ultrices vitae auctor eu. Ultricies leo integer malesuada nunc vel. Mauris rhoncus aenean vel elit scelerisque mauris pellentesque pulvinar pellentesque.

Related articles

翻訳する