「Esports 銀座 school」が全日制コースの2021年度生を募集開始!

esportsについて本格的に学べる
「Esports銀座school」が2021年度の生徒募集を開始しました。
プロの選手や専門家から本格的にゲームのやり方を学ぶチャンスです。

「Esports銀座school」という学校を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

esportsについて本格的に学べるということで、新しい取り組みであるといえます。

「Esports銀座school」は、株式会社コナミデジタルエンタテインメントが運営する企業スクールです。

この度、そんな「Esports銀座school」が2021年度の生徒募集を開始しました。

プロの選手や専門家から本格的にゲームのやり方を学ぶチャンスです。

興味のある方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

全日制コースで学べること

全日制コースでは1年間かけて、プロゲーマーになるために必要なことをたくさん学ぶことができます。

ゲームを学ぶというと、実際にプレイをしながら立ち回りを覚えるようなイメージがあるのではないでしょうか?

「Esports銀座school」では、ゲームだけにとどまらず「動画編集スキル」や「英会話」などにも力を入れています。

これは自分でコンテンツを作り収益化を目指すことや、将来的に海外の大会に出場したときのことを考えて授業が組まれているのです。

たくさんのスキルを学ぶことができるのは、大きな魅力でしょう。

 

入学について

出願の流れについては以下の通りです。

①学校説明会に参加する(11月29日で日程が近いので注意!)

②出願

③面接

④合否

⑤入学手続き

面接については、学校を選んだ理由や実績・将来の夢などを中心に訊かれます。

今までeスポーツ大会などで入賞経験がある方などは、しっかりとアピールできるようにしていきましょう。

また、募集定員は40名ということで人数的にはかなり少ないと思います。

合格するには、ゲームに対する情熱がしっかりとあることが大切ですね。

esports銀座schoolでは、全日制コースのほかに「短期集中コース」というものもあります。自分の興味のあるゲームに絞って集中的に学ぶことができるようです。

こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

 

学費について

  • 全日制(1年間):1,100,000円(税込)※入学金、施設費、教材費含む。
  • 短期集中コース(約2~4週間):16,500円~79,200円(税込)※コースの内容により料金異なります。

詳しくは、公式サイトをご覧ください。

Related articles

eスポーツをする子供

eスポーツとは?魅力や特徴、歴史に迫ります!

近年はテレビやネットニュースなどでも「eスポーツ」というワードが頻繁に取り上げられており注目は増すばかりですが、意外と周知されていないのも事実です。日本国内および世界各国におけるeスポーツの市場規模は年々右肩上がりの成長を続けており、今後も大きな市場拡大が予測されています。

「STAGE:0」とは?高校生eスポーツの祭典を解説

ゲームタイトルの上手さを競う「eスポーツ」、近年では現役高校生向けの大会も開催されています。中でも最も有名なのが、eスポーツの甲子園とも称される「STAGE:0(ステージゼロ)」という大会で、2021年夏に第3回大会が開催される予定です。

翻訳する